子なしらいふ。

11才年の差夫婦まや(私)とジンさん(夫)、愛猫メインクーン2にゃんの毎日。子供はいないけど楽しく生きてます!!

職場のパートママさんの言葉

 

konashilife-maya.com

 
続きです

 

フリーターとも言えないほどの

短時間バイトを続けながら

父との生活を守っていた私ですが

 

やはり外の世界に出れば色々な出会いがあり

恋人がいた時期もありました

 

でも私の自由になる時間は

父が仕事で家にいない平日と土曜の昼間だけ

 

それも父が帰る前に

食事の支度を済ませる必要があったので

遅くても夕方には帰宅しないといけません

 

当時20才前後の私が

同年代の男の子と付き合うのに

その時間帯だけでは充分に会う時間が

作れませんでした

 

そこで思いついたのが

夜中、父が寝静まってから

家を抜け出す事です!!

 

あの頃の父は

だいたい夜の11時には寝室に入り

0時前には眠っていたので

 

私は父が寝室に入ったと同時に

キッチンリセットを速攻で済ませ

私自身も出かける準備をして

父の寝息を確認してから

そっと家を出ていました

 

そこから当時の彼氏と合流して

深夜デートを楽しんでいました

 

そして朝5時半までに帰宅し

父が起きてくる前にメイクを落とし

部屋着に着替えて

あたかも今起きた感を出しながら

父の朝ごはんの準備をする

 

そんな生活をかなり長い期間

続けていたと思います

 

若かったから出来たんでしょうね

今の私ではオールなんて1~2日しただけで

ぶっ倒れてしまいます。笑

 

しかしいくら若いと言っても

やはり夜寝ない生活を続けるというのは

身体への負担も大きくなっていきます

 

ある日のバイト中

一緒にシフトに入っていたパートママさんに

『最近すごい疲れた顔してるけど大丈夫!?』

と、真剣に心配されました

 

それで私は彼氏と会う為に

夜中家を抜け出してる事を

正直に話しました。笑

 

するとパートママさんから

『どうして日曜日の昼間は会えないの!?』

と、聞かれたので

父が厳しいからという事を説明したんですが…

 

『お父さんが厳しいのに夜中家を出てるの!??なんか、おかしくない!??』

 

パートママさんから

ストレートな疑問をぶつけられました

 

確かに、おかしいです

親が厳しい家の娘が

家を抜け出して夜遊びをしてるなんて

なんだか矛盾しています

 

父が厳しいから

彼との時間が作れないんじゃない

 

ただ私が父を怖がってるから

彼との時間を作れないだけ

 

それを理解するまで少し時間がかかりました

 

でもまだ当時の私は

父とぶつかる勇気が持てなくて

 

父からの攻撃を避ける為に

彼に私の時間に合わせてもらう方を

選んでいました

 

今思い返すと

あの時の彼には申し訳なかったと思います

 

きっと彼も寝不足な毎日だった事でしょう。。。